軍司昇作品

日本最北端のガラス工房「流氷硝子館」を主宰。
流氷を見に行く船が発着する港に面したこのガラス工房では、そこにふさわしい氷や雪をイメージした作品が作られています。
また、原材料となるガラスは廃蛍光灯リサイクルガラスを使用。
年々少なくなる流氷、地球温暖化が原因と考えられる様々な異変に直面し、限りある資源を有効に活用することを選択した、自然と向き合いながらオホーツクの地で制作されるガラスたちは「エコピリカ」のブランド名です。(エコロジーの「エコ」、アイヌ語で「正しい・美しい」という意味の「ピリカ」)
マーブル・イン・ザ・ポケットではテーブルウエアや生活を楽しくするアイテムをお届けいたします。

表示順 : 
表示件数:1~30 / 45