ガラス探検隊

2016年 4月 6(水曜日)

出品作家軍司昇さん網走より来場


いや~やっとスッキリと晴れましたね。
なんか今回の催事はお天気があまりよろしくなく、ガラスのキラキラ感が味わえないでいたので今日は嬉しい気分です。


昨日、出品作家の軍司昇さんが奥さまと来場、最北の網走より。
この後2泊ほど東京での用事を済ませるとのこと、毎日海しか見ていないのでいろいろ見て回って吸収するものがありますねと。
写真は軍司さんの作品「さざれ鉢」、本体が全部写っていませんが使いやすい大きさです。
現物は是非ご来場にてご覧くださいね。


WEBショップの実店舗イベント
第23回ガラスのお店「マーブル・イン・ザ・ポケット」

2016年4月2日(土)-10日(日)
13:00-19:00
狩野グラススタジオ 2F
〒106-0046東京都港区元麻布2-5-17
TEL.050-3724-5899

2015年 11月 8(日曜日)

くすぐるハンコ11月~1月スケジュール


ガラスでハンコを作られている松下祐子さんからお知らせいただきました。
松下さんは「くすぐるハンコ Tickle glass」というブランドでガラスのハンコを制作販売しています。
販売は毎月第4週目の7日間だけオープンのお店でのみ。
11月~1月のスケジュールが送られてきましたよ。
かわいいガラスのハンコ欲しい方は是非お出かけください。


くすぐるハンコ Tickle glass
11月15日(日)~21日(土)
12月21日(月)~27日(日)
2016年1月18日(月)~24日(日)
11:00-17:00
〒507-0068岐阜県多治見市大薮町1278-2
TEL.0572-74-1072
http://tickle-glass.com/index.html

2013年 11月 4(月曜日)

村山耕二さん「仙台ガラス」で2013年グッドデザイン賞受賞


こちらの写真は現在開催中の期間限定ガラスのお店「マーブル・イン・ザ・ポケット」に出品されている「仙台ガラス」で制作された海馬ガラス工房の村山耕二さんの作品。
村山さんはサハラ砂漠の砂を融かした「サハラガラス」も開発されていますが、「仙台ガラス」は杜の都仙台を流れる河川砂を融かして作られています。
写真の作品は手吹き作品ですが、「仙台ガラス」の商標を取り、村山さんがデザインし、プロダクト制作されたものが、2013年グッドデザイン賞を受賞しました。
グッドデザイン賞は大体は車や家電などの大手メーカーがエントリーして受賞するものだと思っていましたが、このガラスのコンセプトとデザインが良かったのでしょう。
村山さんおめでとうございます。
詳細はこちらから⇒ http://www.g-mark.org/award/describe/39651?token=mfA6ZiMpRX
村山さんの手作り入手したい方は、本日最終日ですが19時まで開催中の催事にお越しくださいね。


第18回ガラスのお店「マーブル・イン・ザ・ポケット」
2013年10月26日(土)-11月4日(月)
13:00-19:00
狩野グラススタジオ2F
〒106-0046東京都港区元麻布2-5-17
TEL.050-3724-5899
http://www2.enekoshop.jp/shop/marblepocket/

2013年 9月 5(木曜日)

行ってきました田上惠美子さん個展へ


先日このブログでご紹介した田上惠美子さんの個展へ行ってきました。
なんと美しい玉たちがたくさん並んでおりました。
田上さんはこのブログをご覧いただいていて、コメントをくださったりで会話はしていたものの、ご本人にお会いするのは初めて。
気さくな感じで、笑顔が素敵な方でした。
本日まで在廊されているそうなので、逢いたい方は是非今日に。



私はこんな素敵な玉を1つゲット!
即お持ち帰りさせて頂けたので、本日軸を付けてかんざしに仕立てるつもりです。
和のテイストの素敵な蜻蛉玉たちなのできものにとても合いますね。
帯留も展示されていましたよ。


AKIZUHA 蜻蛉羽展 田上惠美子
2013年9月4日(水)-10日(火)
10:00-18:00(最終日17:00)
GLASS GALLERY KARANIS
〒107-0062東京都港区南青山5-3-10 FROM 1st 2F
TEL.03-3406-1440
http://www.czj.jp/karanis/

2011年 10月 25(火曜日)

野口和美さん革の展覧会



ガラスの情報ばかり発信している当ブログですが、本日はレザーの展覧会のご案内です。

革の鞄を制作されている野口和美さん、実はガラスの作家でもあります。

その光るセンスはガラスという素材であろうが革と言う素材であろうが変りません。

なんともおちゃめな個性の持ち主です。

NOGUCHI KAZUMI LEATHER WORKS
2011年11月1日(火)-12日(土)
12:00-19:00(最終日17:00/7日休廊)
GALLERY ルヴァン
〒171-0031東京都豊島区目白3-12-27
TEL.03-6908-3014
http://www.g-ruevent.com


2010年 12月 1(水曜日)

狩野智宏のTOHKA六本木ヒルズTSUTAYAで展開中

ガラスのお店マーブル・イン・ザ・ポケットのウェブショップでも取り扱っております

狩野智宏デザイン、ガラスのオイルキャンドル「TOHKA」が本日よりTSUTAYA六本木ヒルズ店で展開中です。

入り口入ってすぐの1番柱の狩野智宏によるコラージュアートと共にお楽しみいただけます。

通常ウェブショップでは写真でしかご紹介できないのですが、コチラでは25色現物が勢ぞろいしています。

クリスマスギフトにもオススメです。

会期は来年の2011年1月4日までですので、是非ご覧くださいね。


2010年 11月 8(月曜日)

取り扱い作家に村山あいさんが加わりました!

ガラス作家作品オンラインショップのマーブル・イン・ザ・ポケットの取り扱い作家に村山あいさんが加わりました!

村山あいさんは、仙台秋保にある海馬ガラス工房の主力スタッフです。

作品はどれもほっこりと心が和らぐフォルムです。

このたび掲載しておりますのは、これからのお鍋シーズンに向け、
日本酒が美味しくなるぐい呑みがそろっています。

是非ご覧くださいね。

村山あいさんのページはコチラをクリック!


2010年 3月 21(日曜日)

一條朋子さんが取材されました!

花島ゆきさんの著書「お誂え手帖」にガラス作家の一條朋子さんの仕事ぶりが紹介されました!

いつもカワイイアクセサリーを提供してくださる一條さんのアトリエの様子や制作に対するキモチが写真入のイイカンジで掲載されています。
制作しているのは耐熱ガラスのカフェボウル。
マーブル・イン・ザ・ポケットでも一條さんの耐熱のグラスをご購入いただけます

この書籍、大量生産大量消費の現代において、あえて数々の「お誂え」を紹介しています。
しかも、何のことは無いちょっとした日常の小物たち・・・
そして価格帯もリーズナブル!
さらに注目すべきはその仕事のほとんどが「和」の技術。
(かといって伝統的工芸品のようなオヤジくさいものではなく、ガーリーなところが素敵)
蒔絵、裂き織り、篆刻、盆栽、型染などなど。
やっぱり日本てすごい!

作り手の顔が見えるものづくり、賛成ですっ!

2009年 9月 10(木曜日)

軍司昇くん

国際ガラス学院出身の軍司くん、5年半の沖縄のガラス工房修行を終えて黄色い沖縄ナンバーの小さな軽のバンにネコと家財道具を載せ、実家のある北海道網走まで日本縦断中。

本日東京都港区の狩野グラススタジオ到着です。
写真はお久しぶりの乾杯の図。

旅の途中は、自分の工房を立ち上げる為、どんな窯がいいか日本中のガラス工房を訪ね勉強中。
ここに来るまでもかなりの数の工房めぐりをしてきたようです。

この後、千葉の成田、霞ヶ浦、栃木の那須、仙台など知り合いの工房を訪ねていきます。
「ウチの工房にも寄りなよ。」という方、軍司くんに連絡入れてくださいね。
※軍司くんの連絡先を知らない方はマーブル・イン・ザ・ポケットの「お問い合わせ」から
https://secure2.enekoshop.jp/shop/ContactForm?cid=b0e71d885a74279f647b459d922a9fea803ce5c1&shopid=792
ご連絡先をお知らせいただければ軍司くんに繋ぎますよ。

2009年 5月 18(月曜日)

一條朋子さんのガラスのかんざし

マーブル・イン・ザ・ポケットのオンラインショップに載せている一條朋子さん作のガラスのかんざしや帯留が、ムック本に紹介されました。


ガラスのアクセサリーは一年中使っていただいて良いと思うのですが、やはり世間一般では夏向きと考えられているようで、「ゆかたに合う」ということで何点か撮影に貸し出しいたしました。


制作した一條朋子さんはバーナーワークの作家さん。
おきもの愛好家なので和のアクセサリーも制作しています。


マーブル・イン・ザ・ポケットのオンラインショップでは、「ガラスで和のおしゃれ」というコーナーにてご購入可能です。↓下記ショップURLです。


http://www2.enekoshop.jp/shop/marblepocket/item_list?category_id=45642


ムック本は、「やさしく過す ゆかた時間。」 出版社 成美堂出版 定価1000円(税抜き)


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ←ガラス工芸に関する情報イロイロはこちらをクリック!
にほんブログ村

2009年 4月 15(水曜日)

北海道の上杉高雅くん


ガラスのお店の催事が終わり、残った作品たちを梱包し、各作家の方々に返却する作業が今日で一段落。

そして、オンラインショップに新着作品を並べる作業に取り掛かりました。

久々に北海道のガラス作家、上杉高雅くんの作品をUPすることになりました。

催事にいらっしゃれ無かった方々も、オンラインショップでごらんいただけます。

まずはグラスをUPしましたが、今週中には花瓶もUPよていです。

お楽しみに。

上杉くんの作品はこちら⇒http://www2.enekoshop.jp/shop/marblepocket/item_list?category_id=65564


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村

2008年 10月 6(月曜日)

カットの山田輝雄さん


今回の催事には、前回欠席だったカット技法の山田輝雄さんが 工房作品を出品されています。
カット=いわゆる「切子」です。

回転するヤスリにグラスをちょっとづつ当てながら
ガラスを削って模様を描きます。
ちょっとでもしくじるとダメになっちゃうわけで・・・
1個のグラスが完成するまですごい集中力だと思います。
とても私にゃできない・・・

今回の中からは、美しいアザミの柄のピルスナーとワイングラスが私のお気に入り


 

2008年 10月 5(日曜日)

今回から参加の一條さん


春の催事のさい、会期中盤から飛び入り参加していたバーナーワークの一條朋子さん。

今回は正式参加で沢山作品を持って来てくださいました。しかもカワイイものばかり!

ミルクピッチャーやスプーンなど使えるテーブルウエアからアクセサリーまで、センスが光ります~。

2006年 10月 2(月曜日)

ガラスの歯

茶色は虫歯かな…?

ガラスのお店「マーブル・イン・ザ・ポケット」には今回14名の作家さんが参加してくれています。

その中から本日は梅田香奈さんをご紹介しますね。

梅田さんはガラスの作家というより、ガラスを素材に作品を制作している、現代美術作家の方。

今回はガラスの歯や人体を出品してくださいました。

ちょっと変わったオブジェ好きの方は是非どうぞ。

左は「手の骨」右は「Figure object」

 

「Figure Tumbler」背中にグラスをしょった人体です

2006年 6月 1(木曜日)

パイレックスのガラス作家


生き物を閉じ込めたような美しい世界!

今日は田中福男さんから作品写真が送られてきた。

狩野智宏のHPにリンクを張るためのアイコン用の写真だ。

彼もパイレックスガラスを使ったバーナーの作家さん。

一度お会いしたことはあるけれど、実は作品をじかに見たことがない・・・HPを見る限り素晴らしいテクニックの方!

HPは http://www.topnoch-works.net/