ガラス探検隊

2011年 11月 25(金曜日)

猫に小判の帯留


本日は久々、元同僚できもの友達のerikoさんとお出かけ。

もちろんおきもので、こんなコーディネート。

最近入手した猫の帯にガラスで帯留を作りました。

猫を招き猫に見立てて小判の帯留です。

辛し色の板ガラスの間にプラチナ箔を挟んでフュージングし、「千万両」の文字をエナメル絵付けしました。

最近はバカラも招き猫を作っていますからね、私も対抗してみました。

ちなみに帯の後姿はこんな。

鈴がど~んっの猫の顔。

栗山吉三郎さんの帯です。

今日のコースは、湯島でランチ⇒旧岩崎邸散策⇒道明で羽織紐を買うerikoさん⇒アキオカアルチザンで江戸切子出品中の清水硝子さんと山田輝雄さんの作品を見て⇒お仕立て処うえのに洗い張り仕立直しの出来上がりを取りに行くという、満足感一杯のコースでした。

トラックバック

    トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 (一覧 | スレッド)

    コメントがありません


コメントの追加


アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。
電子メールアドレスは表示せず、電子メールの通知にのみ使用します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA