ガラス探検隊

2019年 3月 22(金曜日)

神代良明さん企画展



神代良明さんが瀬戸市新世紀工芸館の企画展で角居康宏さんと2人展です。
神代さんは当然このブログでご紹介しているのでガラスの作家です。
鋳造ガラスの技法で、焼成中にガラスが発泡するように制作していて、カタチはほぼ偶然に出来上がる造形。
ガラスの比重は水の約3倍なので、通常は思ったより重い感じですが、神代さんの作品は無垢のガラスとはいえ空気の泡が閉じ込められているせいでとても軽いです。
そんな焼成中を遊んだ造形作りをしている人は他にはいないんじゃないかと思っていましたら、今回の二人展のお相手の角居さんはどうやらアルミニュウムという素材で似たようなことをなさっている方のようです。
フライヤー裏面のお二人のプロフィールによると、二人共1968年生まれ。
偶然なのか必然なのか面白いキュレーションですね。


瀬戸市新世紀工芸館企画展
火と大地と僕たちと。

2019年3月23日(土)-6月16日(日)
10:00-18:00(入場は17:30まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)
入場料:無料
瀬戸市新世紀工芸館 展示棟
〒489-0815愛知県瀬戸市南仲之切町81番-2
TEL.0561-97-1001
http://www.seto-cul.jp/new-century/



トラックバック

    トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 (一覧 | スレッド)

    コメントがありません


コメントの追加


アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。
電子メールアドレスは表示せず、電子メールの通知にのみ使用します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA